LPガス読本 LPガスはクリーンエネルギー LPガスとスマートハウス 様々な分野で利用されるLPガス 世界に広がるLPG車 災害に強いLPガス 安全・安心LPガス LPガスの安定供給 エネルギー政策とLPガスの未来 資料編
第七章 LPガスの安定供給

日本のLPガス需給

LPガスの需給推移
 日本国内で燃料として最初にLPガスが使用されたのは、1929年(昭和4年)、有名なツェッペリン伯号の飛行船が飛来した時と記録されています。この時は、プロペラ推進エンジン用の燃料としてLPガスが使用されていました。
 家庭用燃料としてLPガスが使われ始めたのは1953年(昭和28年)ごろからで、当時の家庭用燃料の主流であった薪、炭、練炭に代わって、取り扱いが便利でハイカロリーなエネルギーとして急速に普及しました。その後、家庭業務用を中心に産業用や自動車用(タクシーの燃料)で需要が増大し、オイルショックによる一時的な低迷はあったものの、1996年(平成8年)にはピークとなる1,970万トンを記録しました。しかし、それ以降は日本経済の低迷により産業用部門を中心に需要が減少し、現在の需要は約1,423万トン(2015年度)となっています。
飛行船「ツェッペリン伯号」 昔のタクシー
飛行船「ツェッペリン伯号」 昔のタクシー
(写真提供:毎日新聞社) (写真提供:毎日新聞社)
日本のLPガス需要の推移
日本のLPガス需要の推移
(出所:日本LPガス協会)
※画像をクリックすると、拡大表示されます。
LPガスの用途別需要
 現在日本国内においてLPガスは、家庭業務用、自動車用、工業用、化学原料用、都市ガス用や電力用として幅広く使われております。LPガスの需要で最も多いのは家庭業務用で44.0%、次が工業用で20.6%、その次が化学原料用で18.9%となっています。使われ方として、自動車用はタクシーの燃料、化学原料用はエチレンやプロピレン等化学製品の原料、都市ガス用は都市ガスの熱量調整用、電力用は電力会社のバックアップ燃料となっています。 日本のLPガス用途別構成比率
 (2015年度)

日本のLPガス用途別構成比率(2015年度)
(出典:日本LPガス協会)

日本のLPガス供給

 LPガスが普及し始めた当初、その供給は国内の製油所における生産品が中心となっていました。そのため、当時のLPガスは他の石油製品の副産物という位置付けになっており、その供給量は季節や製油所の稼働状況によって非常に不安定となっていました。
 1961年(昭和36年)12月、急速に進展する需要の増加に対し、生産品だけでは対応が困難になってきたことを受け、海外からのLPガスの輸入が始まりました。その後需要の増加に合わせて輸入量も年々拡大し、直近では国内で消費されるLPガスの約80%が輸入品となっています。
 輸入元を国別で見ると、以前は中東諸国が輸入の大部分を占めていましたが、最近ではシェールガスやシェールオイルの開発に伴い、LPガスが増産されているアメリカからの輸入量が増加しております。
国別LPガス輸入構成比率
 (2015年度)

国別LPガス輸入構成比率(2015年度)

(出典:日本LPガス協会)

このページのPDFデータはこちらからダウンロードして下さい。
Copyright (c) 2015 The Conference of LP Gas Associated Organizations.