LPガス読本 LPガスはクリーンエネルギー LPガスとスマートハウス 様々な分野で利用されるLPガス 世界に広がるLPG車 災害に強いLPガス 安全・安心LPガス LPガスの安定供給 エネルギー政策とLPガスの未来 資料編
第七章 LPガスの安定供給

LPガスの生産方法

LPガスの採掘

 LPガス(プロパン・ブタン)は、油田や天然ガス田の内部に、メタンやエタンなど他のガスと混在した状態で存在しています。その原料となるガスを地上の設備に移送してプロパンとブタンを分離・回収し、さらに硫黄や水銀などの不純物を取り除くことにより、最終製品となります。油田で生産されたものは「原油随伴」、天然ガス田で生産されたものは「天然ガス随伴」と呼ばれており、最近では原油随伴が減少し、天然ガス随伴の比率が増加しています。
 またLPガスは原油にも含まれており、その分は製油所で精製によって分離されます。
LPガスの生産方法
LPガスの生産方法
陸上油田(パキスタン) 洋上ガス田(ロシア・サハリン) 洋上ガス田(アンゴラ)
陸上油田(パキスタン) 洋上ガス田
(ロシア・サハリン)
洋上ガス田(アンゴラ)

「シェール革命」とLPガス

 近年、米国を中心として新しい油田・ガス田の開発が活発化しており、「シェール革命」として注目を集めています。シェールガスは、在来型の油層・ガス層よりさらに深いところにある頁岩(シェール)層に封じ込められているガスで、開発費用がかかるため従来は経済的に見合わないと考えられていましたが、採掘技術の進歩とガス価格の上昇により実用化されるようになりました。シェールガスが採掘可能な場所は世界中に分布しており、そのポテンシャルの大きさから、世界のエネルギー市場に様々な影響を与えています。
 シェールガスにはLPガスも含まれており、シェールガス由来のLPガス生産は既に始まっています。今後はこれに加え、シェールオイルからの増産も見込まれており、順調に生産が拡大した場合、輸入ソースの多様化や安定的な価格形成等に寄与するものと期待されています。

シェールガスの掘削
シェールガスの掘削
シェールガスからのLPガス生産設備 新パナマ運河の開通
シェールガスからのLPガス生産設備 新パナマ運河の開通
  2016年6月27日、大型LPG船「LYCASTE PEACE」が商業運用開始後の初船として、拡張工事の完了したパナマ運河を通航しました。その後も多くのLPG船がパナマ運河を通航しています。
米国メキシコ湾から日本着まで、従来は喜望峰周りのルートで約45日かかった輸送日数が、パナマ運河を通航することにより30日以下に短縮されました。

(写真提供:アストモスエネルギー)

このページのPDFデータはこちらからダウンロードして下さい。
Copyright (c) 2015 The Conference of LP Gas Associated Organizations.