LPガス読本 LPガスはクリーンエネルギー LPガスとスマートハウス 様々な分野で利用されるLPガス 世界に広がるLPG車 災害に強いLPガス 安全・安心LPガス LPガスの安定供給 エネルギー政策とLPガスの未来 資料編
第五章 災害に強いLPガス
LPガスは災害に強い分散型エネルギー
災害に強いLPガスの特徴
 LPガスは都市ガスや電力などの系統供給とは異なり、容器に充填したLPガスを各戸に配送をする「分散型」供給を行っています。これにより、配管など供給設備の点検も短時間で済み、異常があった場合も迅速に復旧させることができます。例えば、東日本大震災で大きな被害を受けた岩手県、宮城県、福島県では、津波で建物が損壊又は流されてしまったもの等を除いて、地震発生後約3週間程度で大方の復旧が完了し、都市ガス及び電力よりも早い時期に全面復旧を果たしています。
 また「軒下在庫」として常時LPガスを容器にストックしているので、万が一配送が滞った場合でも、すぐにガスが切れるということはありません。例えば50s容器が2本設置されている場合、1本の容器に半分程度のLPガスが残っていれば、およそ1ヶ月程度はそのまま使用することができます。LPガスは災害時の備蓄用エネルギーとして、そのままご活用いただくことができます。

LPガスと都市ガスの供給形態の違い
LPガスと都市ガスの供給形態の違い LPガスと都市ガスの供給形態の違い
配管が短いため、異常があれば即修理可能
1戸単位で安全を確認し復帰可能なため、復旧までの時間が短い
数百個、数千個単位で埋設配管等の安全確認が必要なため、復旧に時間を要する

■50kg容器による「軒下在庫」
50kg容器による「軒下在庫」
1本の容器に半分LPガスが残っていれば、およそ1ヶ月程度使 い続けることが可能

■被災3県における各インフラの供給不能戸数の推移(推計を含む)
被災3県における各インフラの供給不能戸数の推移(推計を含む)
出典:経済産業省「東日本大震災を踏まえた今後のLPガス安定供給の在り方に関する調査」(平成24年2月)

このページのPDFデータはこちらからダウンロードして下さい。
Copyright (c) 2009 The Conference of LP Gas Associated Organizations.