LPガス読本 LPガスはクリーンエネルギー LPガスとスマートハウス 様々な分野で利用されるLPガス 世界に広がるLPG車 災害に強いLPガス 安全・安心LPガス LPガスの安定供給 エネルギー政策とLPガスの未来 資料編
第四章 世界に広がるLPG車

LPG車の歴史と現在

LPG車の登場

初期のLPGタクシー
初期のLPGタクシー
 日本で最初にLPG車が登場したのは1940年(昭和15年)ごろで、戦争によって不足していたガソリンに代わる自動車用燃料として、プロパンおよび メタンに注目が集まったことがきっかけでした。戦後の1962年(昭和37 年)、ガソリンに対して割安な燃料費や高オクタン価に目を付けたタクシー事業者が本格的に導入を開始したところ、極めて良好な結果を得たことにより、 LPG車は瞬く間にタクシー業界に広まりました。これにより、現在タクシーのおよそ8割はLPG車となっています

業務用車両の普及

 またLPG車の高い環境性や経済性は物流事業者にも評価を受け、1992年には東京都・生協・ヤマト運輸・LPガス業 界とトヨタ自動車が共同でLPG仕様のトラックを開発し、一斉導入を行いました。さらには1999年に東京都が大気汚染対策として推進した「ディーゼル車NO作戦」によって、排ガスがクリーンなLPGトラックに大きな注目が集まりました。
 また最近では、自動車教習所向けの教習車、市営バスや幼稚園の送迎用バスなどの乗合車等のほか、車いすの方にも対応したユニバーサルデザイン(UD)タクシーも登場しています。

配送車(ヤマト運輸) 配送車(生協)
配送車(ヤマト運輸)
  配送車(生協)
清掃車(東京都) 高所作業車(NTT)
清掃車(東京都)
  高所作業車(NTT)
NV200 UD 幼稚園送迎車
NV200 UD
幼稚園送迎車

LPガススタンド

LPG車への燃料補給はLPガススタンドで行います。現在LPガススタンドは全国都道府県の各主要都市を中心に約1,500ヶ所設置されているほか、教習 所や法人の営業所などユーザーの敷地内に比較的 低コストで設置できる「簡易型LPガススタンド」の普及も進んでいます。
 なお、リッター当たりの販売価格はガソリンより安価になっており、燃料費の削減には大きなメリットがあります。

LPガススタンド 簡易型LPガススタンド
LPガススタンド
  簡易型LPガススタンド

LPG車の航続距離

  LPG車にはLPガスだけを燃料とする専焼タイプと、LPガスとガソリンを併用するバイフューエルタイプがあります。バイフューエルはLPGとガソリンの両方の燃料タンクを搭載しているため、同タイプのガソリン車よりも航続距 離が長くなります。例えば容量40リットルのガソリンタンクとLPGタンクを搭載している場合、その航続距離は概ね1,000km以上となります。また最近では、専焼タイプにも大容量の燃料タンクを搭載している車種も登場しています。

■トヨタ プリウスαLPGトリプルハイブリッド
((有)マイカープラザ)
  ■アクセラセダン(マツダE&T)
トヨタ プリウスαLPGトリプルハイブリッド アクセラセダン(マツダE&T)
LPG、ガソリン、電気の併用により、航続距離1,500km以上(同社測定値)を達成。   大容量94リットルタンク(充填可能量は80リットル)を搭載。デモ走行において北九州市から東京まで約1,000㎞を無補給で走破。
■三菱ミニキャブ
(三菱自動車ロジテクノ)
三菱ミニキャブ(三菱自動車ロジテクノ)
LPG、ガソリンの併用により、航続距離900km以上(同社測定値)の走行が可能。

LPG車台数の推移

  LPG車の普及台数は戦後順調に増加を続け、1990年ごろに30万台を突破しましたが、その後は低下傾向となり、 2017年時点では約22万台にまで減少しています。特にタクシー用や貨物用での減少が目立っており、業界としての対応が求められています。

このページのPDFデータはこちらからダウンロードして下さい。
Copyright (c) 2015 The Conference of LP Gas Associated Organizations.