LPガス読本 LPガスはクリーンエネルギー LPガスとスマートハウス 様々な分野で利用されるLPガス 世界に広がるLPG車 災害に強いLPガス 安全・安心LPガス LPガスの安定供給 エネルギー政策とLPガスの未来 資料編
第一章 LPガスはクリーンエネルギー

LPガスとは

 LPガス(LPG)とは「Liquefied Petroleum Gas(液化石油ガス)」の略称で、プロパン(C3H8)やブタン (C4 H10)を主成分とするガス体エネルギーです。特に主成分がプロパンの場合は「プロパンガス」とも呼ばれ、全国の約2,500万世帯のご家庭で使われています。

LPガスの特長

・簡単に液化できる
LPガスは通常は気体ですが、圧力をかけたり冷却することによって比較的容易に液化させることができます。例えば、プロパンは1MPa程度の圧力をかけることにより液化します。LPガスを液化させると、体積が気体時の約250分の1に縮小するので、大量のLPガスを効率よく供給することができます。
容器・貯槽内のLPガスは圧力をかけて液化されており、通常は自然気化によって使用しますが、寒冷地等では強制気化装置(ベーパライザー)が必要となる場合もあります。
簡単に液化できる

・空気より重い
ガス比重(空気を1とした場合の重量比)がプロパンで約1.5、ブタンで約2.0と空気より重いため、空気中に放出された場合は底部に滞留します。このため、警報器は下部に設置する、また漏洩時は底部の換気を行うなどの必要があります。
空気より重い
・着臭している
純粋なLPガスは無色無臭ですが、保安上の観点から漏洩時に感知できるように、微量の硫黄系化合物で着臭しています。高圧ガス保安法では、空気中の混入比率が1/1000の場合においても感知できるように着臭することが定められています。
なお、ガス着火および消火時に着臭剤の臭いが強く出ることがありますが、これは容器内の残ガス量減少により、容器下部に溜まった着臭剤の濃度が高くなるために発生するもので、安全上は特に問題ありません。
着臭している

都市ガスとの違い

 LPガスは都市ガスと同じガス体エネルギーですが、その性質にはいくつかの違いがあります。LPガス(家庭用)の主成分はプロパン(C3H8)、都市ガス(13A)の主成分はメタン(CH4)で、プロパンの単位体積当たりの熱量は都市ガスの2倍以上です。熱量が大きく異なるため、コンロや給湯器等のガス機器はそれぞれ専用の機器を使用する必要があります。
またプロパンは前述のように容易に液化させ、容器に充填してどこにでも運ぶことができるため、全国どの地域でもお使いいただくことができます(分散型供給)。一方、都市ガスは常温状態で液化させることができないため、主として導管によって気体の状態で供給しています(系統供給)。これにより、都市ガスの供給エリアは導管が設置可能な都市部等に限定されますが(全国土の約5%)、LPガスは全国どこにでも供給することができます。

■LPガスと都市ガスの違い

LPガス 都市ガス(13A)
主成分 プロパン(C3H8 メタン(CH4
発熱量 102 MJ/m3 45 MJ/m3
比重 1.5 0.6
沸点 -42℃ -162℃
供給形態 分散型供給 系統供給

■LPガス・都市ガスの供給形態

LPガス・都市ガスの供給形態

■LPガス・都市ガスの供給区域

LPガス・都市ガスの供給区域
このページのPDFデータはこちらからダウンロードして下さい。
Copyright (c) 2015 The Conference of LP Gas Associated Organizations.